t    n    p    m
5  6  7  8  9  10  11  12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  1  2  3  4


4月5日〜11日は tenten house は展示会の搬入ならび展示会の為にお休みさせて頂きます。
4月10日のオープン日の「小さな織布屋さん」もお休みです。
この日が来るのを楽しみにして頂いているお客様、ごめんなさい。



2012.4.6fri〜11wed 12:00〜19:00 「f i e l d」 野にて織る  ANCHORET






2012.3.10 10:00〜16:00 「織布屋さん」 暮らし周りの織布小物 tenten house





 
t    n    p    m

2012/3/24


昨日は完成した2枚の水通しを済ませ、乾燥。
藍は水通しをすると、始めは茶色の灰汁が沢山でる。
灰汁が完全に出終わると今度は藍そのものの青い色。
水が透明になるまで水洗い。
そして乾燥。

今日は次の整経をして仮筬。
こんなに忙しくするのは本当に久しぶり。
今度の織は、縦と緯に1本づつの藍のライン。
重なった所が網代織。
どうなる事やら、、、、


 
t    n    p    m

2012/3/22


今日は網代織を織り上げる事と、その前に織った房結び。
房結びも結構時間がかかる。
経616本を8本づつ結ぶから77個の房が出来る。
房は両方にあるのでその倍の154個。
房を結ぶ目的は緯が解けないようにするのが大きな目的。
装飾ではないので緯の直ぐ近くでしっかりと結ぶだけ。
経を8本の倍の16本で結ぶと半分の時間で済むがそうはいかない。
僕たちの織る布は暮らしで使う布。
装飾はいらないと言っても結び目が大き過ぎてゴツゴツしたら気持ちが悪いしね。


 
t    n    p    m

2012/3/21


巾48.5センチ、長さ165センチ。
昨日に続き2枚目を織る予定。
でも綜絖を入れ直して「網代」にする事にした。
僕は千鳥や網代と言った昔からあってシンプル、しかも世界共通のようなものが好き。
いろいろ目移りして新しい物を織るのだが、終いには此処へ戻って来る。
ANCHORETでの展示会へは網代の新作も持って行ける。


 
t    n    p    m

2012/3/20


長さ150センチの仕上がり寸法で、織の長さは165センチ。
長さを計る糸を巻くものに、僕の場合は薄型の計算機を使っています。
巾48.5センチ、長さ165センチを昨日は1枚織れなかった。
計画では織る予定だったが織れなかった。
今日は祭日、休みたいけど、、、、。
展示会が近いので、昨日の残りともう一枚織る事にしよう。


 
t    n    p    m

2012/3/19


久しぶりのコットンです。
巾48.5センチ、長さ150センチ。
藍の糸を半分入れた贅沢なショール。
先きほど本筬を完了し、次はテスト織り、本番と行こうかな。
想い通りの織になりますように。
いつもドキドキ。
緯には藍のガラ紡と白の単糸を2本づつ。
織り始めの写真は明日にでもアップ。


 
t    n    p    m

2012/3/12


織り上がったセンター(卓布)の房結び。
縦糸がかなり太いので房は2本づつ結ぶ事にした。
4本づつ結ぶと結び目が大きくなり過ぎて納まりが悪い。
写真は水通しが済んで軽くアイロンをかけた後の写真です。
織ったばかりの時とは幾分締まった感じ
それは水通しで布全体が計算通りに縮んだからだ。
良感じのセンター(卓布)になったね。

 
t    n    p    m

2012/3/9


織り上がったセンター(卓布)の房結び。
縦糸がかなり太いので房は2本づつ結ぶ事にした。
4本づつ結ぶと結び目が大きくなり過ぎて納まりが悪い。
写真には残念ながら結び目が写ってない。
秘密?
秘密なんてありませんよ。
完成した写真を掲載する時にご披露させて頂きますね。
これが済んだら、今度は水通し。
水通しは糸の汚れ、油、糊などを落とし、同時に縮みを安定させる。
これをしっかりしていないと色落ちや色移りの原因になったり、
一度洗ったら、サイズがかなり小さくなった、などのクレームになったりする。



 
t    n    p    m

2012/3/7


布の上の茶色の物は日本語で「杼」(ひ)、英語でシャトル(往復を繰り返すもの)と言います。
杼の形はスペースシャトルの形と類似していますよね。
スペースシャトルの語源はここから?
先端は金属で出来ていて、これは杼を落とした時に先端が壊れないようにする為
丸いローラーは本来下向きで使いますが、僕はカラカラ音がするのが好きではないので仰向けにして使っています。
滑りはそんなに変わりませんよ。

今日は巾20CMのテーブルセンター(卓布)を織ります。
経糸にかなり太めの糸、緯糸にガラ紡を入れます。



 
t    n    p    m

2012/3/6


4日の日曜日に、ANCHORET での展示会のDMデータを印刷屋さんへ入稿した。
イラストレーターの使い方にもだいぶ慣れて来た感じで、DMだけは早く出来るようになった。
印刷屋さんの方からも、データに問題は無かったので直ぐに印刷にまわす、とメールが来てひと安心。
技術的にもまだまだなんだけど、問題はお客様を引きつけるセンス。
僕にはこれが、かなり欠けている。
だから、とやかく考える事は止めて、野依隊長の言う通りにする事にした。
野依隊長によるデザインのDMがもうすぐ完成する。



 
t    n    p    m

2012/3/5


コーヒーを飲みながらゆっくりお話ししませんか。

3月10日の小さなイベント「織布屋さん」10:00〜16:00 には niwa*niwa さんのケーキが届きます。
「織布屋さん」は比較的ゆったとした時間を過ごす事ができます。
tenten house にあやかり毎月10の日のオープンです。
転々ハウスと人は笑うでしょうね。
でも本音は僕たちは「点と点が線になり点が3つで面になる」ように。
人の繋がりの輪が大きくなればと思っているのです。
DMは作りませんよ、ネットだけの告知でごくごく小さく。
僕たちの織布に興味のある人、僕たちとユックリと話しがしたい人、工房を見たい人、畑を見たい人、
織の話がしたい人、高宮の空気を吸いたい人、、、、、、、
勿論、用事のない人も大歓迎です。
野依と番頭の唐悠が3月10日(土)にお待ちしています。 どうぞおこし下さい。

写真は niwa*niwa さんのケーキですが、当日のものとは違うかもね。お楽しみに。
「織布屋さん」は毎月10日の小さなイベントの名前です。



 
t    n    p    m

2012/3/4


今、ANCHORET での展示会のDMを作っています。
昨日撮影して、今日宛名面のデザインとデーター作りをして、
印刷屋さんへ送る予定です。
ほとんど野依隊長の指揮の元、唐悠番頭は優秀な部下として働いています。
写真はDMの写真面に使われる写真です。



 
t    n    p    m

2012/3/3


一昨年前の広島市内での展示会での写真です。
ショールを羽織った所をスローで写した僕のお気に入りの写真。
モデルになった若い女性も大変喜んでくれました。

今年も来月の4月6日〜11日に同じ会場で展示会を開催します。
会場は広島市内のアンカレットです。





t    n    p    m