t    n    p    m
5  6  7  8  9  10  11  12  10/1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  11/1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  12/1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13/1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  14/1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  15/1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  16/1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  17/1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

明けましておめでとうございます。。
今年も宜しくお願いいたします。

今年は外での展示会は少なめ計画です。
変わりに毎月10日に tenten house で小さな小さな「織布屋さん」を開きます。
ここでは、暮らしに必要な織布を中心に見て頂こうと思っています。

2012.1.10 10:00〜16:00 「織布屋さん」 暮らし周りの織布小物 tenten house で

2012.1.14 10:00〜16:00頃まで サプライズマーケット 三次市甲奴町『あみん』。

2012.2.10 10:00〜16:00 「織布屋さん」 暮らし周りの織布小物 tenten house で

2012.2.12 12:00より15:00まで 「薪ストーブを囲む会」 くるり食堂+niwa*niwa cafe tenten house で

『冬の楽しみ薪ストーブを囲む会』は、先着予約15名。満席となりました。ありがとうございます。(2月2日現在)


 
h    m    p    n

2012/1/31


手織り布の経糸を張ったイメージ

機織り機に経糸を張った所の写真です。
最近の写真ではありません。
photoのページに手織り布のイメージ写真を増やそうと思っています。

カラフルな経糸を時間をかけて整経したものを千巻きに巻き取り
仮筬、千巻き、綜絖通し、本筬と作業を進めいよいよ織り始めて行く。
機織りの作業も良く言う「段取り8分」。
織り始める作業の方が全行程よりも短い。
 
h    m    p    n

2012/1/27


縮絨後の変化

縮絨が済んだかどうかは房を見ればすぐ分かる。
勿論、織った布を見れば分かるのだが、ざらざらと言うかヘビーと言うか、そんな糸だとその変化は分かり難い。
僕が織るとどうしても糸を詰めて叩いて丈夫と言う事が先きに来てしまう。
始めは少し固めな布も使って行くうちに自分のものに変化して行く。
そんな織布。
柔らかく暖かく、どんなに乱暴に扱っても破れなく頼りになる布。
そんな織布が織りたいと思う。
 
h    m    p    n

2012/1/25


今日はショールの房結び

ウールは縮絨のあとの布の変化も楽しみの一つ。
早く縮絨がしたくてはやる気持ちを抑えながらの房結び。
すこし固めのウールなので縮絨の時の液温は何度位がいいだろうかとか、
つける時間はどの位がいいだろうかと考えながら房を結んで行く。
結び終わったら、いよいよ縮絨です。
 
h    m    p    n

2012/1/24


手織りのハンカチ(現在使用中のもの)

暮らしで必要なものは出来る範囲で自分たちで作りたいと思う。
ハンカチもその一つ。
機織り機で緯巾を倍の大きさに織った布をミシンで仕上げて行く。
ハンカチを広げた時には3方はミシンで仕上げる事になる。
バンダナとは違った少し厚めの棉のハンカチ。
多めの水分や汗を吸い取ってもへこたれない。
 
h    m    p    n

2012/1/23
くるり食堂+niwa*niwa_cafe
tenten house のとれたて冬野菜をたっぷり使って、
薪ストーブでダッチオーブン料理を作ります。
寒い冬に心も身体もあったかいお昼のひと時を
tenten house で過ごしましょう。

冬の楽しみ薪ストーブを囲む会
とき:2012.2.12(sun) 12:00 スタートで 15:00 まで
ところ:tenten house
    安芸高田市高宮町来女木1326-1  地図
電話:0826-57-0615
会費:2,500YEN (デザート付き) (先着15名。ご予約お願いします。)
 
h    m    p    n

2012/1/18


くるり食堂+niwa*niwa_cafe
tenten house のとれたて冬野菜をたっぷり使って、薪ストーブでダッチオーブン料理を作ります。
寒い冬に心も身体もあったかいお昼のひと時を tenten house で過ごしましょう。

冬の楽しみ薪ストーブを囲む会
とき:2012.2.12(sun) 12:00 スタートで 15:00 まで
ところ:tenten house
    安芸高田市高宮町来女木1326-1  地図
電話:0826-57-0615
会費:2,500YEN (デザート付き) (先着15名。ご予約お願いします。)
 
h    m    p    n

2012/1/17










1月14日(土)の三次市甲奴町「あみん」さんの所でのサプライズマーケットの写真ができました。
齋藤正明さんの撮影です。
一流の人は何をやっても上手だね。




あみんさんはパスタが美味しいと評判ですが、僕は今回の昼はカレーを食べました。
これも安くてなかなかの絶品。味は辛口、カレーは辛くなくてはね。



 
h    m    p    n

2012/1/12

昨夜からの雪で今朝の高宮は奇麗な雪景色。
青い空と樹々に積もった白い雪のコントラストが清々しい朝。
こんな景色を見ながらのスージー(愛犬)の散歩はいつもより自然と長め。

急に決まるからサプライズなんですが、1月14日(土)に広島県三次市甲奴町の『あみん』で開きます。
日時:1月14日(土) 10:00〜16:00頃まで
ところ:あみん
広島県三次市甲奴町本郷1063-13
TEL:0847-67-5211
『あみん』さんの地図は、ココ

photo のページに新作の織布を追加しました。
サイズや材質、価格も表示しています。
お時間のある時にご覧頂けると嬉しいです。




 
h    m    p    n

2012/1/7


マットがまだできない。
前回経糸を張ったものは、どうも納まりが悪く没にした。
緯糸にする材料の太さを間違ったし、経糸の間隔も間違った。
折角面白いウールに出会えたのにまだまだ修行がたりません。
今度は上手く行きそうな気配がしますが、縮絨をやってみるまでその結果はわかりません。
なんと厄介なことでしょうね。
でもそこが織の面白さなんですね。
飽き症の私が続けているのですから。



2012.1.10 10:00〜16:00 「織布屋さん」 暮らし周りの織布小物 tenten house で


 
h    m    p    n

2012/1/6


今年は僕の織っているものや織り上げたものはトップページの「toyu」に順番に掲載していきたいと思っています。
これで新しく織っているものや、新作を順を追って見て頂けるようになりますが、あくまで写真なので実際に見たり触ったりしたものとは感じが違うでしょうね。
でも写真を見て頂く事で大方の感じをお伝えする事はできるのではないかと思っています。

アドレスは、http://itotoyu.tumblr.com/ です。

パソコンは勿論、携帯やiPhone、iPod、iPadなどで見る事ができます。



2012.1.10 10:00〜16:00 「織布屋さん」 暮らし周りの織布小物 tenten house で


 
h    m    p    n

2012/1/5


昨夜から降り続いた雪は今朝になって20センチの積雪を残して青空になりました。
ここ高宮では50センチを超える事もあるのでこれくらいでは驚きません。
工房のすぐ前の農道は作木や川根に通じるメイン道路になっているので、すぐに除雪車が通ります。
だから急に車で出かける用事も安心なのです。
工房に降り積もった雪はなかなか溶けずに白一色
冬は冬なりの雪景色を楽しむのも良いものです。


2012.1.10 10:00〜16:00 「織布屋さん」 暮らし周りの織布小物 tenten house で


 
h    m    p    n

2012/1/4

移り気な私はまたまた今年は毎月10日に工房をオープンする事に決めたのでした。
tenten house にあやかり10の日にオープンする事にしたのです。
転々ハウスと人は笑うでしょうね。
でも本音は僕たちは「点と点が線になり点が3つで面になる」ように。
人の繋がりの輪が大きくなればと思っているのです。
DMは作りませんよ、ネットだけの告知でごくごく小さく。
僕たちの織布に興味のある人、僕たちを応援してくれる人、僕たちとユックリと話しがしたい人、工房を見たい人、畑を見たい人、織の話がしたい人、高宮の空気を吸いたい人、、、、、、、
この小さなお店の名前は題して「織布屋さん」です。
野依と番頭の唐悠が1月10日(火)にお待ちしています。
どうぞおこし下さい。


2012.1.10 10:00〜16:00 「織布屋さん」 暮らし周りの織布小物 tenten house で


 
h    m    p    n

2012/1/1


フワフワした毛糸のマフラーではない、しっかりとしたツイード。
服地用として使われる事が多いウールツイードで織り上げました。
丈夫です。暖かいです。
しっかりと縮絨と起毛をしています。
洗濯機のドライモードで洗えます。
どちらかと言えば手強いマフラーでしょうね。
だから使い込むごとに風合いが増してきます。

マフラーを広げた写真はこちらをご覧下さい。 ---> 一番上二番目三番目四番目


t    n    p    m