t    n    p    m
5  6  7  8  9  10  11  12  10/1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  11/1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  12/1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13/1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  14/1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  15/1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  16/1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  17/1  2  3  4  5  6  7  8  9  10
 
09/12/31




展示会終了感謝




昨日年末恒例の展示会が終了しました。

沢山のお客様をお迎えできた事がとても嬉しい。

そして僕たちの織布が若くオシャレな人に支持して頂ける事が何よりも嬉しいです。

ありがとうございました。



今日の野依はお正月の用意、そして私はゆっくりとお風呂につかりま〜す。

美和桜(純米酒)を飲みながら、、、、。




 
09/12/30

展示会YouTube版




展示会の風景を私達の大切なお客様のMさんが作ってくれました。

ありがたい、ありがたい。

写真の腕も私よりもお上手です。


Mさんのブログのアドレスは。

http://raku1960.exblog.jp/


YouTubeのサイトで大きく見る事ができます、

http://www.youtube.com/watch?v=cPMRWoNH9uA


では展示会最終日の会場へ行ってきま〜す。

最終日の様子はまた後ほど、、、。




 
09/12/29




展示会あと1日




今日も沢山のお客様。

本当に嬉しい。

カゴ型のバッグは完売。

ナベつかみも残り少なくなりました。

タオルは残り1枚。

ショルダー型のバッグは残り4つ。

ショールは大きいのが5枚。

小さいのが5枚。


嬉しいです。

いつも本当にありがとうございます。




 
09/12/28




展示会あと2日




展示会も残り少なくなってきました。

年末の慌ただしい中の展示会、沢山のお客様におこし頂き本当に嬉しいです。

ありがとうございます。


来年は工房での3day's open 以外の展示会は極力少なくして経費を削減し、

その分お客様へ還元できるようにと考えています。

作る織布は暮らしの道具としての織布を中心に作って行こうと思います。




 
09/12/28



放送データ入手




エフエムふくやまから放送データのCD-Rが送られて来た。

12月22日(火)の夕方5時35分頃の展示会会場からの電話出演の声のデータです。






 
09/12/27






今日のお客様




物作りの人達が沢山来て頂いた。

陶芸、ガラス、絵画、農業。

ここ千代田とその周辺には物作りの人達がなぜか多く活動している。

スーパーの二階にこんなに大きなギャラリーがあるのも土地柄。






 
09/12/26


森ガール




若い人達に来て頂く事がとても嬉しい。

今日もとてもセンスの良い女性に来て頂いた。

レトロなルノーで tenten house に初めておこし頂いた時には感激でした。





 
09/12/25


おしゃれな人達




おしゃれな人達が沢山昨日もおこし頂いた。

なによりも嬉しい。

若い人達からエネルギーを頂き、創作意欲へつなげる。

暮らしをシンプルにオシャレに、そして楽しく。

これが僕たちの暮らし方。




 
09/12/24


嬉しいお客様




昨日は嬉しいお客様が本当に沢山来て頂きました。

涙が出るくらい嬉しかったです。

感謝、感謝です。


遠くはオーストラリアから帰省のインディゴさん。

ありがとう。






私達の大切なお客様のブログで展示会の様子を見る事ができます。

私達のページよりも詳しく掲載されています。

ノッティンさん  http://nottin.exblog.jp/12535476/

Sankiraiさん  http://sora2007.blog88.fc2.com/blog-entry-666.html

星のかけらさん  http://kirastar.exblog.jp/12546443/





 
09/12/22


新作バッグとショール




デニム耳のバッグと千鳥格子変形のショール。

ショルダータイプと籠タイプのものを展示している。

どちらも革をふんだんに使っていてデニムと良く合っている。


千鳥格子の変形は千鳥格子と共にtenten house の定番。

今回は巾60センチ長さ140〜160センチのもの4点。






 
09/12/21


FM福山で放送




展示会前日からの雪が今日もパラパラと降り続いています。

雪の中を沢山のお客様が会場へおこし頂いていて、本当にありがとうございます。

今日、FM福山から電話を頂き明日の17時15分頃の番組に電話出演の依頼があった。

なんでも「エコ」がテーマの番組で生放送のようだ。

またまた僕たちはオンエアーで聞く事ができない。


デニムの耳、普段は廃棄処分になる部分を甦らせ、新しい布としてバッグや敷物にして行く。

そんな仕事の紹介のようだ。



その時の放送はここ



 
09/12/19


展示会初日




展示会初日からの雪

毎年恒例の展示会で期間中たいてい2回は雪が降る。

しかし今年は初日からの雪、縁起がいい。

ユキフッテマッシロ。


お客様も少ないと思っていたが、新聞記事を見て思ったよりも多くのお客様に来て頂いた。

新しいご縁が毎年少しずつ出来て行く。

感謝。


ブログやホームページ仲間も沢山来てくれ、本当に嬉しい。




 
09/12/17

千鳥格子の変形織り




千鳥格子よりも好きな織りとして私唐悠が好んで織っているのです。

藍の緯は2本、だからシャトルはいつも同じ所に。

白のスラブ糸は1本、だから右に左にシャトルが交互に移動。

つまり織りにくいのです。

日本の織は2本が基本っていう所があるのだが、それでは面白くないとあまのじゃくな私は逆らうのです。

これが結構人気です。。

私も大好きな織で、今や私のトラディッショナルになりつつある。







 
09/12/16

新聞に載るかも




新聞社の取材を受けた。

12月19日からの展示会の取材。

今年のテーマは「温故創新」。


(株)カイハラさんのご協力でデニムの耳やジーンズのテスト用の布を分けて頂いている。

カイハラさんは備後絣を作っていた会社、今はデニムで世界シュア50%以上。

絣からデニムへと思い切った変革をやり遂げた所です。


私達は藍染めにはとても拘りを持っていました。

藍染めだけは自分たちで染めるには難しく、日本で数カ所しか残っていない紺屋さんにお願いしていました。

でも、無くなりつつある本藍染めにいつまでも執着するつもりはありませんでした。


ワーキングウエアーのジーンズ、着心地がよく丈夫で長持ちの綿素材。

私達の好きな、土から生まれて土に還る綿。


地元広島のカイハラさんのご協力を得る事ができて本当に感謝しています。






 
09/12/15

今日の機仕事




モノクロで撮ってみました。

やっばり僕はモノクロが好き。

手持ちで数枚撮りながら後でいいのをゆっくり選ぶ。


展示会もまじかに迫っていてなにかと気分だけは忙しない。

これが済まなきゃ正月が来ない。

と思いながらの機仕事。

今は暮らしのもの中心で織る事を決めているので、工房の周りを見渡しながら、

あれが欲しい、これが欲しいと布周りの物を探す。

タオル、小窓のカーテン、ふきん、ハンカチ、バンダナ、、、、、。


僕が今一番欲しいのはハンカチがわりのバンダナ数枚と首周りに巻く小さめのマフラー。




 
09/12/14

アルネ30号 12月15日発売




アルネ最終号の30号が15日に発売になります。


特集

糸井重里さん 「ほぼ日」をたちあげられて11年にも。

パリの松村家を訪ねる。

村上隆さんの犬

江面旨美さんのお家をお訪ねしました。





 
09/12/13




デニム耳のバッグ その7








 
09/12/13




デニム耳のバッグ その6








 
09/12/13




デニム耳のバッグ その5








 
09/12/13




デニム耳のバッグ その4




展示会がまじかに迫って来た。

ギャラリー森(しん)は広過ぎるくらいの会場。

絵画の展示会が多い会場で100号以上の絵を10枚は展示するのに充分な広さ。

そんな勿体ない会場を使わせて頂ける事に感謝。

今年はバッグがメインだけど、もちろん私達の得意技の織布の新作もある。

今年の織布は生活に根ざした生活周りのフキンやタオル、ナベつかみなどをご用意しました。




 
09/12/11


デニム耳のバッグ その3




デニム耳のバッグを今日も作る。

楽しみながら自分で使いたいバッグ。

野依センスを込めながら一点一点作る。




 
09/12/10


デニム耳のバッグ その2




デニム耳のバッグが今日も出来た。

12月19日からの展示会で見て頂くものです。

デニムはもともとワークウエアー。

だから丈夫です。

丈夫なデニムの布に負けない強いタコ糸を経に使っています。





 
09/12/09


デニム耳のバッグ




デニム耳のバッグが今日1つ出来た。

野依のハチャメチャなセンスと自由さで完成しました。

到底几帳面な私唐悠には出来ないセンス。

真っ直ぐな所は真っ直ぐな方がいいでしょう、と言ったり。

四角な所は四角がいいに決まってる、なんて言っているとこの野依センスのバッグはできないのです。

不思議ですが、これがいい見たいです。

明日もまた1つできる予定です。


デニム耳は唐悠が織りました。

デザインと縫製は野依です。




 
09/12/08


tenten house 展




毎年年末恒例の展示会です。

今年のテーマは「onko_so_shin」(温古創新)

ジャパンブルー・インディゴブルー

デニムの布の裂き織りのバッグや小物。

私達は毎日会場に在廊しています。

どうぞ遊びにおこしください。


会期:2009年12月19日(土)〜30日(水)

開館時間:10時〜18時(最終日は17時まで)

会場:ギャラリー森(しん)

   広島県山県郡北広島町有田

   ショッピングセンターサンクス2F (千代田インターから1分)

   TEL 0826-72-3939




 
09/12/04


「箱市」に出店しま〜す。




「箱市」に出店の決定のメールが今届きました。

京都「モーネ工房」の井上由季子さん主催。


写真一番上の左から4番目は、唐悠のデニムのバッグ。

写真4段目の左から4番目は野依のハウスのナベつかみ。


「箱市」出店者



会期:12月22日(火)〜23日(水)

   12:00〜17:00


ところ:モーネ工房のギャラリー

    京都市上京区西堀川通丸太町下ル下堀川町154-1

    (株)エーワンテック本社ビル3階

    TEL/FAX 075-821-3477



詳しくは、もう少し後でね。





 
09/12/02

写真提供:ノッティンさん


写真提供:ノッティンさん
「n4市(エヌフォーイチ)」ありがとうございました。




オープンハウス初日の「n4市」には沢山のお客様においでいただきありがとうございました。

楽しんで頂けましたでしょうか?


幸いお天気も良く入り口のドアやベランダへのガラス戸も開け暖かい日差しの中での「 n4市」になりました。

すてきな n のつく皆さんの助けを借りる事が出来て本当に幸せな一日でした。


「ノッティンアンティークス」の nottinさん本物の銀食器をありがとう。

「森の家の」の nekojiru さん美味しいお蕎麦をありがとう。

「青空食堂」の nanaさん沢山の衣類や台所用品をありがとう。


一番楽しかったのは野依と僕だったかもしれません。


本当にありがとう。


3 day's open は3日まで続きます。


写真はノッティンさんのブログから借用しました。感謝。


t    n    p    m